BIOS の更新方法(GB9095 シリーズ)

最終更新日 2005/09/28


GB9095 シリーズの BIOS 更新方法について説明します。
現在はファイルの配布を行っていません。
必要な場合は弊社の担当者に 問い合わせ てください。

BIOS の更新を行なう前に

BIOS の更新を行なう為には予め SERVER THE BOX にモニターとキーボード及び USB ストレージクラスドライバーで動作可能なフロッピーディスクドライブ(以降 FDD と呼びます) を接続しておく必要があります。
BIOS セットアップを起動して「Advanced BIOS Features」の「First Boot Device」を 「USB-FDD」に変更しておく必要があります。
BIOS の設定変更に関しては Documents にある「User's manual (PDF) 」を参照して下さい。

実際の更新手順

  1. DOS で起動可能なフロッピーディスクを用意して下記のファイルをコピーしてください。
    • AWDFLASH.EXE
    • 9095xxxx.BIN
    ※ 9095xxxx.BIN は BIOS のバージョンにより異なります。
  2. 「1」で作ったフロッピーディスクを FDD に挿入して SERVER THE BOX を起動してください。
  3. SERVER THE BOX 上で DOS が立ち上がったら次に AWDFLASH.EXE を起動します。
  4. BIOS 更新プログラムが起動して画面中央に「File Name to Program」と表示されたら 「9095xxxx.BIN (enter)」と入力してください。
  5. 画面下の Message 欄に「Do You Want To Save Bios (Y/N)」と表示されたら [N] と入力してください。
  6. 画面下の Message 欄に「Press 'Y' to Program or 'N' to Exit」と表示されたら [Y] と入力してください。 BIOS の更新作業に入りますので「Flashing Complete」と表示されるまで、フロッピーディスク 及び FDD を抜いたり、SERVER THE BOX の電源を切らないようにしてください。
  7. 「Flashing Complete」と画面に表示されて画面下の Message 欄に「F1 Reset」と表示されたら フロッピーディスクをドライブから抜いてから [F1](ファンクションキーの 1)を押して SERVER THE BOX を再起動します。
  8. 再起動が始まったら BIOS セットアップを起動して「Load Fail-Safe Defaults」を選択して [Y] と入力します。
    「Load Optinized Defaults」を選択して [Y] と入力して下さい。
    各種設定の変更はこの設定を行った後にしてください。