FastBuild Utility の使い方

最終更新日 2005/09/28


SERVER THE BOX で Fastbuild Uutility を使用する手順について説明します。

FastBuild Utility の起動

SERVER THE BOX を起動して画面上に

		FastTrak XXXX BIOS Version X.XX
		(c)XXXX-XXXX Promise Technology, INC. All rights reserved.
	
と表示されたらメッセージに従い [CTRL + F] キーを押して FastBuild Utility を起動します。

Disk Array が既に存在する場合、FastTrak の BIOS は バージョン及び Disk Array のステータスを表示します。
ステータス 内容
Functional Disk Array は正常です。
Critical ミラー化している Disk Array のうち一つが作動できないか、または接続されていません。
その他の Disk Array のメンバーは作動できますが Disk Array は故障に対するフォールト
トレランスが一時的に機能しなくなっています。
ユーザーは FastBuild Utility 使用して故障したドライブを取り替える必要があります。
Offline ミラー化しているディスクが故障または接続されていません。
もしくは、ストライプ化しているディスクが故障または接続されていません。
Disk Array の状態が「Offline」の場合、ユーザーは故障したドライブを取り替える必要が
あります。
その後、バックアップソースからデータを回復してください。

新たな RAID の構築

自動で RAID を構築する場合

		Auto Setup....................[1]
	
を選択します。
次に、 RAID の種類を選択します。

ハードディスクが 2台の場合

RAID 0、RAID 1、Spanning を選択できます。

  • RAID 0(Striping)を選択する場合
    Optimize Array for: を Performance に設定してください。
    Typical Application to use:(DESKTOP、SERVER、A/V Editing)は用途に応じて選択してください。
    設定が完了したら [CTRL + Y] キーを押して SAVE してください。
    SERVER THE BOX のリブート後に設定が反映されます。

  • RAID1(Mirroring)を選択する場合
    Optimize Array for: を Security に設定してください。
    設定が完了したら [CTRL + Y] キーを押して SAVE してください。
    ここで片方のディスクに RAID されたデータがあり、それを Duplicate する場合は Y - Create and Duplicate を選択してください。
    Duplicate の必要が無い場合は N - Create Only を選択してください。
    SERVER THE BOX のリブート後に設定が反映されます。

  • Spanning(J-BOD)を選択する場合
    Optimize Array for: を Capacity に設定してください。
    設定が完了したら [CTRL + Y] キーを押して SAVE してください。
    SERVER THE BOX のリブート後に設定が反映されます。

ハードディスクが 4台の場合

RAID 0、RAID 0+1、Spanning を選択できます。

  • RAID 0(Striping)及び Spanning(J-BOD)を選択する場合
    上記「ハードディスクが 2台の場合」と同じです。

  • RAID 0+1(Striping + Mirroring)を選択する場合
    Optimize Array for: を Security に設定してください。
    Typical Application to use:(DESKTOP、SERVER、A/V Editing)は用途に応じて選択してください。
    設定が完了したら [CTRL + Y] キーを押して SAVE してください。
    SERVER THE BOX のリブート後に設定が反映されます。

手動で RAID を構築する場合

		Define Array..................[3]
	
を選択します。
次に、作成するアレイ番号(Arrey 1 ~ 4)を選択します。

Mirror、Stripe、Span から選択できます。

  • Mirror を選択する場合
    RAID を組みたいディスクドライブを Drives Assignments から選択して Assignment を Y にしてください。
    この時、選択したディスクドライブの数が 2台なら RAID 1 に、4台なら RAID 0+1 になります。
    1台および 3台の構成は選択できません。
    必要に応じて Gigabyte Boundary:(ON、OFF)を選択してください。
    設定が完了したら [CTRL + Y] キーを押して SAVE してください。
    SERVER THE BOX のリブート後に設定が反映されます。

  • Stripe を選択する場合
    RAID を組みたいディスクドライブを Drives Assignments から選択して Assignment を Y にしてください。
    必要に応じて Stripe Block(1KB、2KB、4KB、8KB、16KB、32KB、64KB、128KB、256KB、512KB、1024KB) を選択してください。
    設定が完了したら [CTRL + Y] キーを押して SAVE してください。
    SERVER THE BOX のリブート後に設定が反映されます。

  • Span を選択する場合
    RAID を組みたいディスクドライブを Drives Assignments から選択して Assignmentを Y にしてください。
    設定が完了したら [CTRL + Y] キーを押して SAVE してください。
    SERVER THE BOX のリブート後に設定が反映されます。

ディスク情報の確認

		View Drive Assignments........[2]
	
を選択します。
モード 内容
Channel ドライブが接続されているチャンネルを表示します。
ID 各チャンネル毎のドライブIDを表示します。
Drive Model ドライブ名を表示します。
Capacity(MB) ドライブの容量(単位:メガバイト)を表示します。
Assignment ドライブの状態を表示します。
Mode ドライブの転送モードを表示します。

RAID 情報の削除

		Delete Array..................[4]
	
を選択します。

削除する Array を選択し [DEL] キーを押してください。
削除して良いかの確認があるので [CTRL + Y] キーを押し削除を決定します。

壊れた RAID 1 の修復

		Rebuild Array.................[5]
	
を選択します。

復旧したい Array を選択して [Enter] キーで実行します。
修復元ドライブ(正しいデータが書き込まれているドライブ)を選択して [Enter] キーを押すと Duplicate を開始します。
あらかじめ Free 状態のディスクを接続しておく必要があります。

コントローラーの情報表示および設定

		Controller Configuration......[6]
	
を選択します。

System Resources Configuration にコントローラーの情報が表示されます。
接続されたディスクに不具合があった場合の起動の有無を設定できます。
  • 起動させる場合
    Halt On Error: を Disable に設定してください。
  • 起動させない場合
    Halt On Error: を Enable に設定してください。

参考文献

[1] Promise社 Copyright ©2011 PROMISE Technology, Inc. All
[2] Legacy Download Center Promise社