box-2.2 インストールマニュアル

最終更新日 2005/02/22


SERVER THE BOX の動作確認用にプリインストールされている Linux OS についてインストールの手順を説明します。

準備

弊社 FTP サーバーよりインストールイメージをダウンロードしてください

  • インストール CD を作成する場合のイメージは こちら にあります。
    現在はファイルの配布を行っていません。
    必要な場合は弊社の担当者に 問い合わせ てください。
  • インストール CD はソースも含めて 5 枚です。
    ISO イメージファイル名をもとに Disc-1Disc-2 のように CD/DVD にラベルを貼って区別がつくようにしてください。

GB9091

USB 接続の CD/DVD ドライブからインストールする場合

  • BIOS の設定を変更します。
    「BIOS FEATURES SETUP」の「Boot Sequence」を「USB-CD, C」に変更してください。
  • FDD などの書き込み可能な USB 機器は接続しないでください。

IDE インターフェースに CD/DVD ドライブを接続しインストールする場合

  • 外部化粧カバーを外して IDE インターフェースに CD/DVD ドライブを接続します。
    接続方法の説明は FD/CD/DVD ドライブについて を参照してください。

    ※ CD/DVD ドライブ用に別途電源が必要になります。
  • BIOS の設定を変更します。
    「BIOS FEATURES SETUP」の「Boot Sequence」を「CD-ROM, C, A」に変更してください。
  • FDD などの書き込み可能な USB 機器は接続しないでください。

GB9095

USB 接続の CD/DVD ドライブからインストールする場合

  • BIOS の設定を変更します。
    「Advanced BIOS Features」の「First Boot Device」を「USB-CDROM」に変更してください。
  • FDD などの書き込み可能な USB 機器は接続しないでください。

IDE インターフェースに CD/DVD ドライブを接続しインストールする場合

  • 外部化粧カバーを外して IDE インターフェースに CD/DVD ドライブを接続します。
    接続方法の説明は FD/CD/DVD ドライブについて を参照してください。

    ※ CD/DVD ドライブ用に別途電源が必要になります。
  • BIOS の設定を変更します。
    「Advanced BIOS Features」の「First Boot Device」を「CDROM」に変更してください。
  • FDD などの書き込み可能な USB 機器は接続しないでください。

GB9091 および GB9095 + RAID-20271

インストーラー起動時に下記の様にカーネルパラメーター ide1=0 ide2=0 ide3=0 ide4=0 ide5=0 ide6=0 ide7=0 ide8=0 ide9=0
を与えてください。

		boot: linux ide1=0 ide2=0 ide3=0 ide4=0 ide5=0 ide6=0 ide7=0 ide8=0 ide9=0
	
※ これは Promise 製の FastTrak ドライバーと PDC202XX ドライバーが競合するのを避ける為です。

Boot Loader の設定時にもカーネルパラメーターを指定してください。

Boot Loader Configuration

Promise 製の FastTrak ドライバーでは、接続されたディスクは SCSI ディスクとして認識されます。
従って sda から sdd として認識されます。
sdb 以降のデバイスが存在するかどうかは FastBuild Utility での RAID 設定によります。

GB9095 + ATA-20275

特別なカーネルパラメーターを与える必要はありません。
通常通りインストールできます。

		boot: linux
	
PDC20275 は ide2 および ide3 として認識されます。
従って、接続されたディスクは hde から hdh までとなります。

参考文献

[1] 製品ドキュメント Copyright ©2012 Red Hat, Inc.