Red hat Linux 8.0 インストールマニュアル

最終更新日 2005/09/01


SERVER THE BOX に Red hat Linux 8.0 をインストールする手順について説明します。

準備

ドライバーディスクの用意

  • フォーマットしてあるフロッピーディスクに ドライバー を展開します。
    以降このフロッピーディスクを Fasttrak Driver disk とします。
    現在はファイルの配布を行っていません。
    必要な場合は弊社の担当者に 問い合わせ てください。

GB9091

  • 外部化粧カバーを外して IDE インターフェースに CD/DVD ドライブを接続します。
    接続方法の説明は FD/CD/DVD ドライブについて を参照してください。

    ※ CD/DVD ドライブ用に別途電源が必要になります。
  • BIOS の設定を変更します。
    「BIOS FEATURES SETUP」の「Boot Sequence」を「CD-ROM, C, A」に変更してください。
  • FDD などの書き込み可能な USB 機器は接続しないでください。

GB9091

  1. インストーラー起動時に下記の様にカーネルパラメーター
    expert text ide1=0 ide2=0 ide3=0 ide4=0 ide5=0 ide6=0 ide7=0 ide8=0 ide9=0
    を与えてください。
    			boot: expert text ide1=0 ide2=0 ide3=0 ide4=0 ide5=0 ide6=0 ide7=0 ide8=0 ide9=0
    		
  2. 「Devices」ダイアログが表示されたら Fasttrak Driver disk をセットして [OK] ボタンを押します。
  3. 通常通りのインストールを行います。
  4. インストールが終了して Congratulations が表示されたら Ctrl-Alt-F2 を入力してコマンドプロンプトを表示します。
  5. Fasttrak Driver disk をセットして以下のコマンドを実行します。
    			# chroot /mnt/sysimage
    			# mount /dev/fd0 /mnt
    			# cd /mnt
    			# sh setup-ft
    			# cd /
    			# umount /mnt
    			# exit
    		
  6. Ctrl-Alt-F1 を入力してインストーラの画面に戻ります。
  7. [OK] ボタンを押してインストールを終了します。

カーネルアップデートの際には FastTrak TX100 のドライバをコンパイルしてインストールする必要があります。
コンパイルとインストールの方法は FastTrak Series Linux Driver のページを参照してください。

GB9095 + RAID-20271

インストールはできますがインストールされたカーネルは起動途中でフリーズします。

GB9095 + ATA-20275

インストールはできますがインストールされたカーネルは起動途中でフリーズします。

参考文献

[1] 製品ドキュメント Copyright ©2012 Red Hat, Inc.