ATA-20275 on GB9095M Series

for Windows

最終更新日 2006/02/14


SERVER THE BOX に Windows の各シリーズをインストールする手順を説明します。
対象としている Windows は Windows 2000/2003/XP です。

概要

SERVER THE BOX(ATA-20275 on GB9095)に Windows の各シリーズをインストールする手順を説明します。
インストール作業の前に FD/CD/DVD ドライブの接続が必要な場合があります。

下記の「インストールの可否」において「○」が付いている OS は USB 接続の FD/CD/DVD ドライブでのインストールが可能です。
「×」が付いている OS は専用のケーブルを使用して FD/CD/DVD ドライブを接続する必要があります。

インストールの可否
対象 OS USB 機器でのインストール
Windows 2000 Professional ×
Windows 2000 Server ×
Windows 2000 Advanced Server ×
Windows Server 2003 Standard Edition
Windows Server 2003 Enterprise Edition
Windows XP Home Edition
Windows XP Professional Edition

※ 予めサービスパックが適用されている製品ではインストールに失敗することがあります。
  失敗する場合には BIOS の設定で USB 2.0 を Disable にしてみてください。

※ 専用ケーブルを使用した FD/CD/DVD ドライブの接続方法は FD/CD/DVD ドライブについて を参照してください。

準備

ドライバーディスクの用意

Fasttrak Driver Disk を作成します。
フォーマットしてあるフロッピーディスクにドライバを展開しておきます。
以降このフロッピーディスクを Fasttrak Driver Disk と呼びます。

弊社提供のドライバーは MBUltra133V3.00.0.22.zip です。
現在はファイルの配布を行っていません。
必要な場合は弊社の担当者に 問い合わせ てください。


最新のドライバーは Legacy Download Center から入手してください。
検索対象は MBUltra133 です。

BIOS の設定

USB 接続のドライブを使用する場合

最初に BIOS の設定を確認してください。
電源投入後、画面に表示されるメッセージに従って DEL キーを押して BIOS 設定画面を呼び出します。

  1. FDD を無効にする
    「Standard CMOS Features」にある「Drive A/Drive B」を両方とも「None」にします。

    この設定が有効のままだと FD コントローラー経由の FDD が「存在する筈なのに未接続である」事になってしまいます。
    その様な状態では USB 接続の FDD を認識できず Fasttrak Driver をインストールする事が出来ません。

                        Phoenix - AwardBIOS CMOS Setup Utility
                                Standard CMOS Features
     ______________________________________________________________________________
    |   Date (mm:dd:yy)            Thu, Sep  8 2005      |        Item Help        |
    |   Time (hh:mm:ss)            15 : 12 : 40          |_________________________|
    |                                                    | Menu Level   >          |
    | > IDE Primary Master        [ None]                |                         |
    | > IDE Primary Slave         [ None]                |                         |
    |                                                    |                         |
    |   Drive A                   [None]                 |                         |
    |   Drive B                   [None]                 |                         |
    |                                                    |                         |
    |   Video                     [EGA/VGA]              |                         |
    |   Halt On                   [No Errors]            |                         |
    |                                                    |                         |
    |   Base Memory                     640K             |                         |
    |   Extended Memory              490496K             |                         |
    |   Total Memory                 491520K             |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |____________________________________________________|_________________________|
     ↑↓→←:Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
          F5: Previous Values   F6: Fail-Safe Defaults  F7: Optimized Defaults
    

  2. ブートデバイスの設定
    「Advanced BIOS Features」にある「First Boot Device」を「USB-CDROM」にします。
    「Second Boot Device」は「HDD-0」に設定します。

    「Second Boot Device」が「HDD-0」以外に設定されているとインストール後の再起動で不都合が生じる可能性があります。
    特別な意図が無い限り「HDD-0」に設定してください。

                        Phoenix - AwardBIOS CMOS Setup Utility
                                Advanced BIOS Features
     ______________________________________________________________________________
    |   Virus Warning             [Disabled]             |        Item Help        |
    |   CPU L1 & L2 Cache         [Enabled]              |_________________________|
    |   Quick Power On Self Test  [Enabled]              | Menu Level   >          |
    |   First Boot Device         [USB-CDROM]            |                         |
    |   Second Boot Device        [HDD-0]                |                         |
    |   Boot Up Floppy Seek       [Enabled]              |                         |
    |   Boot Up NumLock Status    [On]                   |                         |
    |   Typematic Rate Settiong   [Disabled]             |                         |
    | x Typematic Rate (Chars/Sec) 6                     |                         |
    | x Typematic Delay (Msec)     250                   |                         |
    |   Security Option           [Setup]                |                         |
    |   OS Select For DRAM > 64MB [Non-OS2]              |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |____________________________________________________|_________________________|
     ↑↓→←:Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
          F5: Previous Values   F6: Fail-Safe Defaults  F7: Optimized Defaults
    

  3. USB 機器を使用する為の設定
    「Integrated Peripherals」にある「Onboard Device」を開いて「USB Controller」を「Enabled」にします。
    この時「USB 2.0 Controller」は必ず「Disabled」にしてください。

    インストール時に OS は標準的な USB コントローラー(1.0 ないし 1.1)を期待しています。
    OS の種類、および、サービスパックのバージョンによって動作が違いますが「USB 2.0 Controller」が 「Enabled」になっているとインストール作業中に CD/DVD ドライブが認識されなくなる事があります。

    ※ すべてのファイルをコピーし終わり、再起動して OS が環境を構築し始めた時に認識できないというメッセージが出ます。
      インストールの最初の段階では気がつかないので注意が必要です。

    USB Keyboard とUSB Mouse を使用してインストールするのならば以下も設定しておきます。

    USB Keyboard Support → Enableにします。
    USB Mouse Support → Enableにします。

    GB9095M シリーズには USB ポートが2個しかありません。
    USB Keyboard と USB Mouse を使ってインストールする為には USB HUB かそれに類するものが必要です。

                        Phoenix - AwardBIOS CMOS Setup Utility
                                    Onboard Device
     ______________________________________________________________________________
    |   USB Controller            [Enabled]              |        Item Help        |
    |   USB 2.0 Controller        [Disabled]             |_________________________|
    |   USB Keyboard Support      [Disabled]             | Menu Level   >          |
    |   USB Mouse Support         [Disabled]             |                         |
    |   AC97 Audio                [Auto]                 |                         |
    |   Onboard LAN               [Enabled]              |                         |
    |   Init Display First        [Onboard/AGP]          |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |____________________________________________________|_________________________|
     ↑↓→←:Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
          F5: Previous Values   F6: Fail-Safe Defaults  F7: Optimized Defaults
    

  4. 再起動の準備
    FD と CD/DVD のドライブを本体に接続します。
    この時点では CD/DVD ドライブにインストールディスクを入れないようにしてください。
    入れたままで起動するとインストールディスクを認識しない場合があります。
    大雑把なタイミングで大丈夫です。

  5. 設定の保存と再起動
    「Save & Exit Setup」を選択します。
    「SAVE to CMOS and EXIT (Y / N)?」に「Y」と答えて「Enter キー(Returnキー)」を押すと設定が保存され、直後に再起動が始まります。

FD/IDE コントローラー接続のドライブを使用する場合

最初に BIOS の設定を確認してください。
電源投入後、画面に表示されるメッセージに従って DEL キーを押して BIOS 設定画面を呼び出します。

  1. FDD を有効にする
    「Standard CMOS Features」にある「Drive A」を「1.44M, 3.5 in.」にします。

    この設定が無効のままだと FD コントローラー接続の FDD が認識されないので Fasttrak Driver をインストールする事が出来ません。

                        Phoenix - AwardBIOS CMOS Setup Utility
                                Standard CMOS Features
     ______________________________________________________________________________
    |   Date (mm:dd:yy)            Thu, Sep  8 2005      |        Item Help        |
    |   Time (hh:mm:ss)            15 : 12 : 40          |_________________________|
    |                                                    | Menu Level   >          |
    | > IDE Primary Master        [ None]                |                         |
    | > IDE Primary Slave         [ None]                |                         |
    |                                                    |                         |
    |   Drive A                   [1.44M, 3.5 in.]       |                         |
    |   Drive B                   [None]                 |                         |
    |                                                    |                         |
    |   Video                     [EGA/VGA]              |                         |
    |   Halt On                   [No Errors]            |                         |
    |                                                    |                         |
    |   Base Memory                     640K             |                         |
    |   Extended Memory              490496K             |                         |
    |   Total Memory                 491520K             |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |____________________________________________________|_________________________|
     ↑↓→←:Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
          F5: Previous Values   F6: Fail-Safe Defaults  F7: Optimized Defaults
    

  2. ブートデバイスの設定
    「Advanced BIOS Features」にある「First Boot Device」を「CDROM」にします。
    「Second Boot Device」は「HDD-0」に設定します。

    「Second Boot Device」が「HDD-0」以外に設定されているとインストール後の再起動で不都合が生じる可能性があります。
    特別な意図が無い限り「HDD-0」に設定してください。

                        Phoenix - AwardBIOS CMOS Setup Utility
                                Advanced BIOS Features
     ______________________________________________________________________________
    |   Virus Warning             [Disabled]             |        Item Help        |
    |   CPU L1 & L2 Cache         [Enabled]              |_________________________|
    |   Quick Power On Self Test  [Enabled]              | Menu Level   >          |
    |   First Boot Device         [CDROM]                |                         |
    |   Second Boot Device        [HDD-0]                |                         |
    |   Boot Up Floppy Seek       [Enabled]              |                         |
    |   Boot Up NumLock Status    [On]                   |                         |
    |   Typematic Rate Settiong   [Disabled]             |                         |
    | x Typematic Rate (Chars/Sec) 6                     |                         |
    | x Typematic Delay (Msec)     250                   |                         |
    |   Security Option           [Setup]                |                         |
    |   OS Select For DRAM > 64MB [Non-OS2]              |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |____________________________________________________|_________________________|
     ↑↓→←:Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
          F5: Previous Values   F6: Fail-Safe Defaults  F7: Optimized Defaults
    

  3. USB 機器を使用する為の設定
    2 「Integrated Peripherals」にある「Onboard Device」を開いて「USB Controller」を「Enabled」にします。
    この時 USB 2.0 対応機器を接続する予定がある場合には「USB 2.0 Controller」を「Enabled」にしてください。

    USB Keyboard と USB Mouse を使用してインストールするのならば以下も設定しておきます。

    USB Keyboard Support → Enableにします。
    USB Mouse Support → Enableにします。

    GB9095M シリーズには USB ポートが2個しかありません。
    USB Keyboard と USB Mouse を使ってインストールする為には USB HUB かそれに類するものが必要です。

                        Phoenix - AwardBIOS CMOS Setup Utility
                                    Onboard Device
     ______________________________________________________________________________
    |   USB Controller            [Enabled]              |        Item Help        |
    |   USB 2.0 Controller        [Enabled]              |_________________________|
    |   USB Keyboard Support      [Disabled]             | Menu Level   >          |
    |   USB Mouse Support         [Disabled]             |                         |
    |   AC97 Audio                [Auto]                 |                         |
    |   Onboard LAN               [Enabled]              |                         |
    |   Init Display First        [Onboard/AGP]          |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |                                                    |                         |
    |____________________________________________________|_________________________|
     ↑↓→←:Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
          F5: Previous Values   F6: Fail-Safe Defaults  F7: Optimized Defaults
    

  4. 再起動の準備
    この時点では CD/DVD ドライブにインストールディスクを入れないようにしてください。
    入れたままで起動するとインストールディスクを認識しない場合があります。
    本体の再起動後 Scanning IDE Drives と表示される辺りでインストールディスクをセットします。
    大雑把なタイミングで大丈夫です。

  5. 設定の保存と再起動
    「Save & Exit Setup」を選択します。
    「SAVE to CMOS and EXIT (Y / N)?」に「Y」と答えて「Enter キー(Returnキー)」を押すと設定が保存され、直後に再起動が始まります。

インストール

インストールの開始

電源投入後、BIOS のチェックが進むと「Boot From CD :」のプロンプトが出ます。
そのまま 10秒程度待つと「Press any key to boot from CD」とアナウンスされるので「Enterキー(Returnキー)」を押します。

「Press any key to boot from CD」のアナウンスをそのまま放置すると数秒で先に進み「Second Boot Device」で設定したデバイスからブートします。
「Second Boot Device」が HDD 以外に設定されていて、かつ、「Second Boot Device」からブート出来なかった場合には HDD からブートしようとします。

ディスクコントローラーのドライバーを選択する

インストールが開始されて直ぐに「Press F6 if you need to install a third party SCSI or RAID driver」とアナウンスされます。
メッセージに従って「F6」キーを押します。

※ 表示されている時間が短いので注意してください。
  「F6」キーの入力を受け付けたかどうかのメッセージはありません。

そのまま数秒待つと「Press any key to boot from CD」とアナウンスされます。
「Enterキー(Returnキー)」を押します。

幾つか Windows のインストール処理が続きますが「Specify Additional Device」という画面で一時停止します。
メッセージに従って「s」キーを押します。
大文字/小文字は関係ありません。

画面が変わって A ドライブに FD を入れる様に促されますので指示通りにしてください。

※ FDD が見つからない場合はインストール作業を中断して BIOS の設定を確認してください。

ここで使用する FD が先に作成した Fasttrak Driver Disk です。
FD を挿入したら「Enterキー(Returnキー)」を押します。

FD からドライバーの情報が読み込まれるとリストが表示されます。
該当するドライバーを選択して「Enterキー(Returnキー)」を押してください。

ドライバーを指定して「Enterキー(Returnキー)」を押すと「Windowsの標準ドライバーを使えるがどうするか?」と聞かれる事があります。
その場合は「S」キーを押して指定したドライバー(FD から読み込ませるドライバー)を使用してください。

※ GB9095M シリーズで ATA-20275 を使う場合、ドライバーは MBUltra133 です。
  インストールする OS に合わせて選択してください。

以降はインストールウィザードに従ってください。

インストールの続行

Windows のインストーラー自体はハードディスクを必要としません。
インストールの準備段階ではハードディスクにアクセス出来なくてもエラーになりません。
実際に CD/DVD からハードディスクにデータをコピーするタイミングでエラーになります。
インストーラーから「有効なハードディスクが見つからない」と言われた場合やインストール途中で Blue Screen になってしまった場合は以下の点を確認してください。

  1. 正しいドライバー(Windows の各バージョンに対応した MBUltra133)を選択したか?
  2. 使用しているハードディスクが壊れていないか?
  3. ハードディスクは正しく装着されているか?
  4. ハードディスクのマスター/スレーブ設定は正しいか?
  5. ドライバーディスク(FD 又は FDD)が壊れていないか?
  6. インストールしようとしている Windows は「インストールの可否」に適合しているか?
  7. USB 2.0 を Enable にしてインストールしようとしていないか?

各種ドライバーのインストール

Windows のインストールが終了したらいくつかのドライバーを導入する必要があります。
OS のバージョン(2000/2003/XP等)とサービスパックのバージョンによって必要なドライバーが違います。
Windows のインストールが完了したら最初の起動時にドライバーのインストールを行ってください。
特に Chipset Software Installation Utility については他のドライバー類をインストールする前に導入するように Intel(R) からアナウンスされています。
詳細については Intel(R) 製品サポート を参照してください。

※ Windows Server 2003シリーズに Chipset Software Installation Utility を適用する必要はありません。

インストールが必要なドライバーは以下の通りです。
最新のドライバー(ユーティリティ)は Intel(R) 製品サポート から入手してください。

インストールが必要なドライバーとユーティリティ
名称 ドライバー/ユーティリティ
イーサネットコントローラー Intel(R) PRO Network Connections
pro2kxpm.exe
ビデオコントローラー Intel(R) extreme Chipset Graphics Driver Software
win2k_xp14801.exe
マルチメディアオーディオコントローラー Intel(R) AC’97 Audio Controller
Windows 標準ドライバー
Windows に標準で搭載されています。
基本システムデバイス/その他 Intel(R) Chipset Software Installation Utility
win2k_xp14801.exe

その他の情報

  • GB9095M(ATA-20275)に Windows 2000 シリーズを USB 経由でインストールする事はできません。
    サービスパック非適用/サービスパック1適用/サービスパック2適用のものは USB 経由でインストールできません。
    これは Windows 側の制限です。

  • OEM 等で供給されているサービスパック3以降が適用されているインストールイメージは USB 経由でインストール可能です。
※ USB 以外で Windows 2000 シリーズをインストールする為には FDC/IDE 接続ボックス(仮称)が必要です。
  接続ボックスを使用しないで直接 FD/CD/DVD ドライブを接続するには FD/CD/DVD ドライブについて を参照してください。